インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療とは? インプラント治療とは、歯を失った部位に人工歯根(インプラント)を埋入し、見た目と咀嚼(そしゃく)機能を回復させる方法です。天然歯と同じように「歯根」を持つため、見た目や咬み心地は自然そのもの。
また、人工歯根は生体との親和性が高いチタンでつくられており、高い安全性が認められているとともに、顎の骨としっかり結合することが確認されています。歯を失った場合の補綴方法はいくつかありますが、包括的歯科治療の中で、インプラントは最善の選択肢といえます。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング
インプラント治療の内容・期間、注意点などを詳しくご説明します。
また、現在どのようなことにお困りかをカウンセリングして最良な治療計画に反映します。

arrow02.gif

2.精密検査・診査・診断
治療に入る前に虫歯・歯周病の検査、レントゲンによるCT撮影顎の骨の状態の精密検査などを行い、それらのデータをもとに適切な治療計画を立案します。

arrow02.gif

3.術前処置(必要な場合)
必要であれば虫歯・歯周病の治療や合わなくなった被せものや詰めものを除去して、口腔内の状態を整えます。

arrow02.gif

4.インプラント1次手術
インプラント埋入手術を行います。しっかり固定するようにインプラントを入れて歯肉を閉じ、その後、顎の骨とインプラントが結合するまで数ヶ月の治癒期間を設けます。

arrow02.gif

5.二次手術
顎の骨とインプラントが結合したら、人工歯とインプラントをつなぐ部品(アバットメント)を連結して歯肉から露出させ、仮歯を取り付けます。その後、歯肉が落ち着くまで1~3週間の治癒期間を設けます。

arrow02.gif

6.人工歯の取り付け
人工歯ができあがったらインプラントに取り付けます。

arrow02.gif

7.メインテナンス
1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に定期検診にお越しください。

当院のインプラント治療の特徴

滅菌対策

患者さんを感染症から守り、安心して治療を受けていただくために、当院ではインプラントの手術器具や治療器具に対して十分な滅菌対策を行っています。また、麻酔針や手術用ゴム手袋、うがい用コップ、治療用エプロンなどはディスポーザブル(使い捨て)です。

当院の扱うインプラントメーカー

implant02.jpg アストラテックインプラント
世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発され、その安定性で世界的に高い評価を得ているインプラントシステムです。生体親和性が高く安心して使用できるチタンを素材としています。


カルシテックインプラント
アメリカのカルシテック社が開発したインプラントシステムです。チタン製で親和性が高く、さらに「ハイドロキシアパタイト」という特殊な素材がコーティングされているため、インプラント埋入後の顎の骨とインプラントの結合を促進し、より確実な治療ができるようになりました。また、顎の骨が痩せているケースや即時インプラントに適していることから、近年日本でも大変注目されています。

インプラント治療の治療例

インプラント治療の治療例3

失われた食べる機能を違和感なく回復できる治療です。現在のインプラントシステムは、確実な診断のもとであれば、安全に安心して行うことができます。
歯科医院名称 えんどう歯科クリニック
診療科目 一般歯科、歯周治療、小児歯科、矯正歯科、小児の咬合育成
口腔外科、ホワイトニング、インプラント、顎関節症、咬合治療
診療時間 月・火・木・金曜日 AM 9:00~14:00 / PM 15:30~PM 18:30
土曜日 AM 8:30~14:00
休診日 水曜・日曜・祝祭日
電話 0238-84-1088
住所 〒993-0006 山形県長井市あら町4-68
アクセス 長井駅、南長井駅から徒歩10分。
ビジネスホテル長井屋、荘内銀行長井支店さんの道向かい。
当院からのお知らせ/ブログ
2018年11月13日
ご自宅でのセルフケア☺
2018年11月13日
はじめまして!
2018年7月26日
夏季お盆休みのお知らせ
2018年2月6日
雪あかり祭り